VIO脱毛が性別問わずに普及しつつあるそうですよ

女性の間で流行りつつあるVIO脱毛とは

脱毛が流行りだしてから、女性だけに留まらず男性もまたムダ毛処理をされる時代になりました。

 

そして脱毛技術も進化し続けていますが、最近では女性の間で流行り始めているVIO脱毛があります。

 

これはアンダーヘアのVライン、Iライン、Oラインを意味しており、アンダーヘアが気になる季節に処理をされることが多いようです。

 

また意味としてはVラインは正面から見えるアンダーヘアのことで、Iラインとは大事な部分で、Oラインはお尻の周りのことを言います。

 

水着を着る季節になると、どうしてもはみ出してしまう部分を処理される方は多いですが、今は蒸れや被れなどの対処として処理されるようになりました。

 

VIO脱毛には他の呼び方があり、ハイジニーナ脱毛と呼ばれていますが、衛星の意味で付けられています。

 

また痛みに関してはレーザー脱毛なら出力しだいで痛みが伴い、フラッシュ脱毛なら出力が弱すぎて効果と痛みが薄くなっています。

 

ですからフラッシュ脱毛の場合にはどうしても長期に渡る施術になってしまい、レーザー脱毛なら痛みさえ我慢できれば短時間で済ませることができるようです。

 

どちらにしても露出の増える季節に合わせてVIO脱毛を早めに始めることが良いようです。

 

痛みVIO脱毛

デリケートゾーンの黒ずみに困っているならVIO脱毛が断然お勧め!

 

デリケートゾーンの黒ずみに度々悩んでいるなら、今すぐに剃刀や毛抜きを使った自己処理は避け、脱毛サロンでVIO脱毛を受ける事をお勧めします。

 

脱毛サロンの中でも大手の脱毛ラボとミュゼプラチナムでは、美白効果のあるS.S.C式脱毛を提供しているので、メラニン色素で黒ずんだ肌にも透明感を与えて自然な肌の白さを引き出す施術をしてくれます。

 

又、VIO脱毛すると生理の時や汗を頻繁に掻いた時のデリケート部分の嫌な臭いを消す効果が期待できるので、恋人や結婚していてパートナーがいる人は施術をしていたほうが気持ち的にも楽です。

 

最近は全身脱毛コースの中にもVIO部分の施術が含まれている事がありますが、ごく少数のサロンでは除外されている事も珍しくないので、カウンセリングを受ける時はよく確認してから契約をしましょう。

 

実の所VIO脱毛は、脇や腕を脱毛するよりもチクチクとした痛みを強く感じやすいので、敏感肌の人は脱毛日前のシェービングはしっかり行って、脱毛器の施術温度もスタッフにお願いして少し低い出力度からスタートして貰うようにしましょう。

 

更にデリケートゾーンを綺麗な肌に保つには、自宅での念入りな保湿ケアも欠かしてはいけません。

 

脱毛サロンでもアフターケアは万全に行ってくれますが、自宅でも肌に優しい天然素材のスキンコスメを使って肌に潤いを与えるケアを毎日続けるようにしましょう。

自宅でVIO脱毛に挑戦

 

昨今では本当にサロンでの脱毛施術がお安くなったので、気軽に誰でも光脱毛を行えるようになりました。

 

私も激安のワキ脱毛を体験して、その効果と自己処理をしなくていい楽さにもっと色々な部位の脱毛をしたいと考えているところでした。

 

施術で人気なのはまずはワキ、そしてひじ下ひざ下、そしてVIOラインだとサロンで伺いました、実は一番ムダ毛が気になっている部分がVIOだったので、機会があればVIO脱毛に挑戦したいと常に思っていました。

 

ですがいくら同性のスタッフが施術をするといっても恥ずかしさが先立ってしまって、踏ん切りがつかずにいたのです。

 

デリケートな部位で自己処理には限度がありますし、できれば光脱毛をしたい、そう思って少々高かったのですが、家庭用光脱毛器の購入を決意しました。

 

これならどんな部位も自宅で脱毛し放題です。

 

器具が届いて、早速サロンと同じように部位を冷やしていざ照射です。

 

元々VIO脱毛にワックス処理をしていて定期的に激痛に耐えていた私には、弾かれたような痛みなんて無いようなものでした。

 

まずはVラインを整えて、恥ずかしい格好になりながらIOラインにも照射します。

 

効果が表れることを祈りながら二週間ほど経った頃、生えてきた毛がするりと抜けてきたのを見たときには本当に嬉しかったです。

 

今でも家庭用脱毛器を使ってVIO脱毛を続けています。

 

かなり効果が出てきていて、高い買い物が無駄にならずによかったなとホッとしています。